前へ
次へ

医師のハラスメントと日本の医療に関して

医師を目指す若者に大切なことは、技術以外にもたくさんありますし、一番大切だと言われているのが、患者に寄り添う心ではないでしょうか。
患者は病気や怪我をすると、スタッフ以外には頼れない現実があります。
心ない言葉を浴びせられると、治療に向き合う気持ちが萎えてしまいます。
治る病気も治らなくなります。
その辺りを考えることで、日本の医療レベルは更に上がるのではないでしょうか。
やはりベースになるのが、大学での教育だと言われています。
患者との向き合い方をカリキュラムに入れて、入念な授業を展開させておくべきです。
様々なハラスメントを防止する意味合いもありますし、双方にとって良い効果が出るのではないでしょうか。
欧米では白衣を着ない医師も増えていますし、患者ファーストの精神が徹底されています。
まだまだ課題は多い日本ですが、欧米に出来て日本に出来ないことはありません。
医療を発展させるキーマンは、国民の一人一人であると言えるでしょう。

Page Top