前へ
次へ

医療費負担をよくよく考えること

日本では病気になったら病院に行くということがそんなに高いハードルではないです。
当然医療には費用がかかるということになるわけですが日本には国民皆保険制度というのがありますので基本的には全ての人が健康保険に加入しているという形になります。
ちなみにこれは保険と言う名前になっていますが保険税ともいえるものなので税金的な扱いになります。
ですから、自己負担というのはそんなに大きくはないです。
原則として3割になります。
状況によっては1割負担でも良いという人もいたりします。
生活保護など受けていますと医療費がほぼ必要ないということになる制度でもあるわけです。
さて、国民健康保険ですがその保険料が収入によって変ることになります。
当たり前ですがより多くの収入がある人は多くの保険料を、ということが基本的にこの医療制度の根幹になっています。
そしてそれは結構な金額の差になるわけですが、社会通念上、当然であると認識もされています。

Page Top